うなじ 毛闘

「うなじの毛闘ーけっとうー」

タイトルからご察しの通り、私は誰もが認める毛深い、毛が濃い女である。
何度、男に生まれたかったと思ったことだろう。幸いなことに、私はもともと地黒なので毛深さや剛毛さはさほど目立たない。

 

しかし、今日は毛が生えている箇所で私が最もきれいにしたい個所の話をしたい。それは「うなじの毛」だ。

 

女性なら誰もがあこがれる、あの美しいうなじのライン。
残念ながら、我ら剛毛諸君にはそれは夢でしかない。

 

うなじに剛毛。うなじを見せれない。
この間、毛深い友人Aも「うなじが渦を巻いているから髪の毛をアップにできない」と嘆いていた。

 

かわいそうに。すごくかわいい顔をした女の子(22)である。

 

しかし、私はもうどうにでもなれというか、うなじ丸みせのショートカットにしている。
でも、やはりそれでも困るのが美容室である。行くのが恥ずかしい。
明らかに、彼らは「こいつ濃いな女のくせに」と思っているからだ。

 

「そ、剃りましょうか?」と言ってくれる心の優しい美容師さんも中にはいる。
そういう方にはバリカンでの脱毛をお願いするが、どうか想像して欲しい。

 

これはなかなかこれはみじめな時間である。美容室まで行って、
なぜこんな肩身の狭い思いをしなければならないのか。

 

毎回うなじを気にしながら予約の電話を入れるあほくささ。
男の美容師さんを避けてしまう理由もわかってもらえるだろう。

 

そんなこんなで今、うなじの永久脱毛を考えている。
いつか、うなじを心から見せたいと思える男性に出会えるまでに。


このページの先頭へ戻る